FP2級とAFP・CFP

FP(ファイナンシャルプランナー)の資格を得るには、社団法人金融財政事情研究会(きんざい)が実施するファイナンシャル・プランニング技能士検定試験に合格しなければなりません。

きんざいが実施する検定試験は「3級」「2級」「1級」の三段階で、受検資格が付加され、難易度が上がります。FP3級なら受検資格はありませんが、FP2級では、3級に合格するかFP業務に関して2年以上の実務経験が必要になります。

きんざいが実施するファイナンシャル・プランニング技能士は国家資格です。きんざいは大蔵省所管の社団法人として設立され、その後、厚生労働省の指定試験機関となり、2002年よりファイナンシャル・プランニング技能士検定を実施するようになりました。

もうひとつ、FPを認定している団体があります。NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)です。こちらのFPは民間資格で、普通資格のAFP(アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナーの略)と、CFP(サーティファイド ファイナンシャル プランナーの略)の2種類。CFPはFPの最上位資格で、国際資格として位置付けられています。

AFPの資格を取るには、FP2級に合格し、さらに日本FP協会の認定教育機関でAFP認定研修することが義務づけられています。CFPになると、AFP資格を持ち、さらに日本FP協会のCFP資格審査試験の合格、指定研修の受講および3年の実務経験を経なければなりません。

せっかくFP資格を取るのであれば、FP2級合格を目指し、認定研修の受講で得られるAFPとのダブルライセンスを目標にしましょう。そうすれば、社会的な信用度が上がり、仕事の幅が広がります。転職にも有利なだけでなく、将来を見据えて独立開業も夢ではありません。

社会的なニーズはFP2級(AFP)になると格段にアップします。専門知識を身に付け、実務でスキルを磨くことが成功のカギになります。まずは、FP2級合格のためにより良いスタートを切りましょう。

次のページ >>